深紫外線LEDの照射による新型コロナウイルスの不活化試験について、30秒、60秒の照射により新型コロナウイルスを99.9%減少させるという結果に加え、10秒で99.9%、1秒で87.4%の減少を確認したことが報告されています。

院内にこの装置を5台設置することによって、より安全な医療環境を確保でき、接触感染や空気感染の機会を今まで以上に減少させることが期待できると思って、導入しました。

※外部試験機関によるウイルス不活化試験では、 インフルエンザウイルスや肺炎球菌、 ウシ型結核菌、 ネコ腸コロナウイルスが不活化することを確認されてます。

試験結果詳細:
https://www.nikkiso.co.jp/news/2020/ledemerging-microbes-infections.html

https://www.nikkiso.co.jp/news/2020/aeropureled.html