大阪市旭区で眼科をお探しなら、うえの眼科にご相談ください。大宮神社すぐ。日帰り白内障手術、緑内障、糖尿病網膜症、加齢黄斑変性、ドライアイ、コンタクトレンズなど、思いやりを持った診療を心がけていきます。

黄斑前膜(上膜)

黄斑前膜(黄斑上膜)について

黄斑前膜(黄斑上膜)とは

網膜上膜、網膜前膜、黄斑前膜などともよばれ、黄斑の網膜表面に薄い膜が形成される疾患です。膜が縮んでくると、網膜自体にも皺(しわ)ができます。 加齢に伴って形成される特発性ものがほとんどですが、他の病気に伴って生じる続発性のものもあります。

<正常>

正常

正常

<黄斑前膜(黄斑上膜)>

黄斑前膜(黄斑上膜)

黄斑前膜(黄斑上膜)

原因について

50~70歳代に見つかるものの多くは、特に原因がない、加齢に伴うものです。
続発性のものは、網膜剥離やその手術後、ぶどう膜炎などに伴って生じます。

症状について

早期には自覚症状はなく、人間ドックなどで偶然発見されることも珍しくありません。
進行すると、網膜にしわができるために、物が歪んで見え(変視症)、視力低下が生じます。
特発性の場合には進行が非常にゆっくりであることが多く、数年から10数年の経過でじわじわと進行していきます。続発性のものは、特発性よりも進行が早いことが多いとされています。

検査について

膜の広がりを知るために眼底検査をします。
しわの程度や視力に影響する黄斑の変形の程度を評価するために、光干渉断層計(OCT)検査を行います。
アムスラーチャートと言った、ゆがみの程度を評価する検査もあります。
続発性のもの、特にぶどう膜炎に併発するものに対しては、蛍光眼底造影検査を行ない、炎症の活動性を評価することもあります。

<OCT(眼底三次元画像解析)>
OCT(眼底三次元画像解析)

<眼底>
眼底

治療法について

点眼や内服薬で有効なものはありません。自覚症状が軽度の場合には経過観察をします。
自然に網膜からはがれることがありますが、極めて稀です。
病態が進行し、変視症が強くなる、視力が低下するといった症状が自覚されるようになれば硝子体手術を行います。網膜表面に存在する膜を小さなピンセットで摘まんで、除去します。
白内障の手術も同時に行うことが多いです。

Clinic Information

〒535-0003
大阪市旭区中宮3-17-25 コモドガーデン山一1F

お気軽にお問い合わせください

06-6958-1192
診療時間
 9:00~12:00
15:00~18:00

※水曜日は手術日です。診療は行っておりません。

休診日水曜午後・土曜午後・日曜・祝日

大阪メトロ谷町線「千林大宮」駅2番出口から
千林大宮商店街を西側へ徒歩7分。
旭通り商店街内大宮神社の西へ50m。
大阪シティバスの
中宮停留所、旭区役所区民センター前停留所、千林停留所をご利用下さい。
旭消防署前交差点を北上し、大宮神社手前を左折、
もしくは中宮4東交差点を南下し、旭通り商店街を右折して下さい。
お車の方は近くのコインパーキングが便利です。
クリニックの前に駐輪場がございます。
PAGETOP
Copyright © 2021 うえの眼科 All Rights Reserved.
インターネット予約はこちら アクセス 診療時間 インターネット予約はこちら TEL アクセス 診療時間 ページTOPへ戻る