大阪市旭区で眼科をお探しなら、うえの眼科にご相談ください。大宮神社すぐ。日帰り白内障手術、緑内障、糖尿病網膜症、加齢黄斑変性、ドライアイ、コンタクトレンズなど、思いやりを持った診療を心がけていきます。

近視

近視

ものを見るしくみについて

ものを見るしくみ

眼球は、目に映る映像を脳に伝える役割をする感覚器です。カメラにたとえると、角膜と水晶体は“レンズ”、その間にある虹彩は目に入る光の量を調整する“絞り”、眼球の奥にある網膜は“フィルム”の役割をしています。水晶体を支える毛様体筋という筋肉が伸び縮みし、水晶体の厚さを変えてピントを調節しています。網膜に映った映像は、視神経という神経の束を通じて脳に伝わります。

また、目の表面が乾かないよう、まばたきをするたびに涙が出るしくみになっています。涙は、角膜や結膜(目の表面の粘膜)に水分や栄養を補給し、目をうるおして保護する役割をしています。

これらの機能が連動して「ものを見る」ことが可能になります。

ものを見るしくみ

正視、近視、遠視について

眼軸の長さで、見え方が変わる

近視にもいくつか種類がありますが、近年のこどもの近視の多くは「眼軸長」と呼ばれる目の奥行きの長さが伸びすぎて、網膜にピントが合わなくなるものです。

  • 網膜にピタリとピントが合って、クリアな像が結ばれる。

    正視
  • 網膜より手前にピントが合ってしまう。近くは見えるが遠くがぼやけて見えにくい。

    近視
  • 網膜より後ろにピントが合ってしまう。
    こどもの遠視は斜視や弱視になる可能性もあり、治療が必要な場合もある。

    遠視
身長が伸びる時期に、眼軸長も伸びていきます。そのため、成長段階にあるこどもは近視を発症しやすいのです。

近視について…遠くのものが見えにくい

網膜より手前にピントが合ってしまう。近くは見えるが遠くがぼやけて見えにくい。

近視

近視には、軸性近視(じくせいきんし)と屈折性近視(くっせつせいきんし)があります。

  • 眼軸の長さが長すぎる場合

    眼軸の長さが長すぎると、遠くを見たときに水晶体を十分薄くしても、網膜上でピントが合いません。網膜の手前でピントが合ってしまいます。
    このような近視を軸性近視(じくせいきんし)と呼びます。大部分の近視は軸性近視です。

    軸性近視
  • 角膜・水晶体の屈折力が強すぎる場合

    角膜・水晶体の屈折力が強すぎると、遠くを見たときに網膜上でピントが合いません。網膜の手前でピントが合ってしまいます。
    このような近視を屈折性近視(くっせつせいきんし)と呼びます。

    屈折性近視

また、近視は単純近視と病的近視に大きく分けられます。

  • 単純近視(学校近視)

    遺伝や環境の影響などにより、小学校高学年~中学校くらいで始まる近視を単純近視といいます。病気というより身長や体重と同じ個人差です。在学中に発生することが多いので学校近視ともいわれ、大部分の近視は単純近視です。

  • 病的近視

    ごく一部の近視は、幼児期の段階から始まり進行します。眼軸が異常に長くて近視の度が強いため、メガネをかけてもあまりよく見えるようにはなりません。また、眼球がかなり大きくなっているため、網膜が引き伸ばされて非常に薄くなっており、目をちょっと打っただけで、網膜の中心部がひび割れや出血によって萎縮したり、網膜が眼底から剥がれてくる「網膜剥離(もうまくはくり)」などの症状を起こします。このような近視は病的近視と呼ばれ、発生する原因がまだ不明で、遺伝が関与しているともいわれます。矯正しても幼児が、遠くも近くも見にくくしているようであれば、注意が必要です。

こどもの近視について

近視の多くは「眼軸長(がんじくちょう)」と呼ばれる眼の奥行きの長さが伸びすぎて、網膜にピントが合わなくなるものです。メガネやコンタクトを装用することで、光の屈折が矯正され、網膜にピントが合います。

身長が伸びる時期に、眼軸長も伸びていきます。そのため、成長段階にあるこどもは近視を発症しやすいのです。なるべく近視が進まないようにすることが大切なのです。

近視になるのが早いほど、将来近視が強くなる

近視は年齢があがるにつれて進行することが多く、発症年齢が早いほど、将来、より強い近視になる傾向があります。
また、近視が進みすぎると失明にいたる目の病気(眼疾患)になる可能性も高まるといわれています。

0.2や0.3といった裸眼視力だけでは、目の状態の変化を正確に把握することはできません。眼科では目の屈折状態などを精密な機械で計測して、度数の入ったレンズで見え方を確認しながら度数を決定します。

度数の単位はディオプター(D)を使って表され、近視はマイナス(-)で表示されます。数字が大きいほど、近視が強いことになります。

弱度近視
-0.5D 以上 -3.0D 未満
中等度近視
-3.0D 以上 -6.0D 未満
強度近視
-6.0D 以上

近視の治療について

近視の人の矯正は、メガネやコンタクトレンズを用いて行われるのが一般的です。単純近視の場合はメガネをかければ正常の視力まで矯正できます。メガネやコンタクトレンズを作る場合は、眼科医に目の病気や異常などを検査してもらい、適切なメガネやコンタクトレンズを処方してもらいましょう。

近視の矯正には凹レンズを使います。凹レンズは焦点(ピントが合う点)を遠くにする働きがあり、近視の人が適切な度の凹レンズをかけると、網膜にピントが合って遠くがよく見えるようになります。

近視→近視の矯正

メガネについて

近視になったからといって、日常生活に支障をきたさなければ、すぐにメガネをかけなければならないということはありません。黒板の字が見えにくくなるというような不都合が生じてきたらメガネをかけてください。また、メガネを常にかける必要はなく、黒板や遠くを見るときなど必要に応じてかければよいのです。メガネをかけたりはずしたりしても、近視の度が進むようなことはありません。

コンタクトレンズについて

コンタクトレンズは角膜の表面に接触させて用いるレンズで、メガネをかけたくない人に好まれています。左右の視力に差がありすぎてメガネが使えない場合も矯正でき、メガネのように曇ったりせず、視野が広くなるという優れた点があります。しかし、慣れるまでに時間がかかる、異物感がある、角膜を傷つける場合があるといった欠点もあるため、使用するときは眼科医と相談の上、決めましょう。
また、レンズの取り扱いや管理などが大変なので、小学生の間はメガネをかけることをおすすめします。

その他の治療

その他、点眼薬を用いる方法と手術的方法があります。点眼薬は、近視状態が一時的な場合に用いられることがあり、また、手術的方法の場合はその安全性を十分に見極める必要があります。これらの方法で治療するときは、眼科医に納得のいく説明を受けてからがよいでしよう。

点眼薬を用いる治療

点眼薬を用いる治療法は、近視になりかけの偽近視(仮性近視)の時期に行われることがあります。偽近視は近くを長く見続けた結果、毛様体筋が異常に緊張して水晶体が厚くなり、一時的に近視の状態になっていると考えられるときで、目の調節を休ませる点眼薬を用いる場合もあります。

手術について

手術的方法には、目の中に眼内レンズをインプラントする、眼内コンタクトレンズや角膜にレーザーを照射して角膜の屈折力(光の曲がり具合)を微調整し、近視を矯正する、「レーザー角膜内切削形成術(LASIK)」などがあります。治療を受ける場合は、十分説明を聞いて納得してから受けましょう。

病的近視の治療について

病的近視は、現在のところ有効な治療方法がなく、研究が続けられています。網膜剥離や眼底出血などが起こらないように注意し、起きた場合は早急に手術する必要があります。

近視を進ませないために

近視を進ませないために 詳しくはこちら

近視のQ&A

近視は治せるの?一度低下した視力は回復できるの?

目の使いすぎなどによる一時的な近視状態は、目薬などで治療することができます。
しかし、近視による視力低下は主に、目の奥行きの長さ(眼軸長)が伸びすぎることによって起こります。残念ながら、一度伸びすぎてしまった眼軸長を元に戻すことは出来ないといわれています。

近視が進むとどうなるの?

近視が進みすぎると、眼鏡やコンタクトレンズが必要になるなど生活が不便になるだけでなく、将来、失明にいたる目の病気になる危険性が高まるといわれています。そのため、なるべく早い段階から近視を進ませないようにすることが大切です。

スマートフォンやゲームで近視がすすむの?

スマートフォンやゲームに限らず、長い時間近くを見る作業は、目に負担がかかります。
こどもは目が疲れたことに自分では気づきにくいものです。近くを見る作業をするときは、大人がよく観察して、30分に1回は、20秒以上遠くを見て目を休めるように促しましょう。

何歳から、視力低下がすすむの?

小・中学生で視力が落ちはじめ、進行することが多いです。ただ、最近は視力低下の低年齢化がすすみ、早い場合は6歳未満から近視になることもあります。
年齢とともに、近視の度合いは進行していくことが多いため、こどもの近視は注意が必要です。
※遺伝や生活環境によって異なります。大人になってから近視を発症する場合や、近視の進行が止まらない場合もあります。

近視になるのが早いほど、将来近視が強くなる
親が近視だと、こどもに遺伝するの?

昔から、親が近視だとこどもも近視になりやすいと言われていますが、最近はそれ以上に近視の人が増えています。この現状から、近視は遺伝的要因だけでなく環境要因も関与すると考えられています。特に近年、近視が増えているのは、環境による影響が大きいと考えられています。

両親とも近視でも、外あそびでリスクは低下
こどもの視力矯正は、いつからはじめればいいの?

お子さんの目の状態によって異なります。おうちでの様子をよく見てください。見えにくそうだったり、ものの見方に気になることはありませんか。
乳幼児健診、就学時健診、学校健診などの視力検査でA以外の判定が出たときは、まずは眼科で検査を受けて、必要に応じてこどもにあった視力矯正を行いましょう。
近視でなく、乱視や遠視のために視力矯正が必要な場合もあります。体が成長する時期は、目の状態も変わりやすいときです。度数の変化がないかを確認するため、定期的に眼科で検査を受けましょう。

Clinic Information

〒535-0003
大阪市旭区中宮3-17-25 コモドガーデン山一1F

お気軽にお問い合わせください

06-6958-1192
診療時間
 9:00~12:00
15:00~18:00

※水曜日は手術日です。診療は行っておりません。

休診日水曜午後・土曜午後・日曜・祝日

大阪メトロ谷町線「千林大宮」駅2番出口から
千林大宮商店街を西側へ徒歩7分。
旭通り商店街内大宮神社の西へ50m。
大阪シティバスの
中宮停留所、旭区役所区民センター前停留所、千林停留所をご利用下さい。
旭消防署前交差点を北上し、大宮神社手前を左折、
もしくは中宮4東交差点を南下し、旭通り商店街を右折して下さい。
お車の方は近くのコインパーキングが便利です。
クリニックの前に駐輪場がございます。
PAGETOP
Copyright © 2021 うえの眼科 All Rights Reserved.
インターネット予約はこちら アクセス 診療時間 インターネット予約はこちら TEL アクセス 診療時間 ページTOPへ戻る