大阪市旭区で眼科をお探しなら、うえの眼科にご相談ください。大宮神社すぐ。日帰り白内障手術、緑内障、糖尿病網膜症、加齢黄斑変性、ドライアイ、コンタクトレンズなど、思いやりを持った診療を心がけていきます。

硝子体出血

硝子体出血

硝子体出血(しょうしたいしゅっけつ)とは

硝子体出血のイメージ

硝子体出血といっても硝子体そのものに血管はないので、この部位で出血するわけではありません。ほかの部位からの出血が硝子体腔の中にたまった状態を硝子体出血といいます。
硝子体は無色透明なゼリー状のどろっとした組織で、この中に出血がとどまっていると光が出血によってさえぎられ網膜に届きません。その結果、飛蚊症、霧視、視力低下などが現れます。出血で最も多いのは、網膜の新生血管が破れるケースです。
代表的なものとしては糖尿病網膜症、網膜中心静脈閉塞症など、網膜の血のめぐりが悪くなる病気があります。このほかに後部硝子体剥離、加齢黄斑変性や網膜細動脈瘤などでの網膜下の大量出血や、くも膜下出血が硝子体腔に回る場合があります。

自覚症状としてよく聞くのが「墨を流したような影が見える」という表現です。飛蚊症、霧視、視力低下が起こることもあります。出血が多いときは眼底検査をしても中の状態がよくわからないので、超音波断層検査や光刺激による網膜の電気的な反応を検査して網膜の状態を調べたり、全身検査で糖尿病、高血圧、血液疾患があるかないかを調べます。
治療は一律にこれ、というものはありません。原因疾患、その状況、網膜剥離の有無によってさまざまです。

病気が原因のものに関しては、原疾患の治療が必要となります。

糖尿病網膜症について 詳しくはこちら

網膜静脈閉塞症について 詳しくはこちら

加齢黄斑変性について 詳しくはこちら

Clinic Information

〒535-0003
大阪市旭区中宮3-17-25 コモドガーデン山一1F

お気軽にお問い合わせください

06-6958-1192
診療時間
 9:00~12:00
15:00~18:00

※水曜日は手術日です。診療は行っておりません。

休診日水曜午後・土曜午後・日曜・祝日

大阪メトロ谷町線「千林大宮」駅2番出口から
千林大宮商店街を西側へ徒歩7分。
旭通り商店街内大宮神社の西へ50m。
大阪シティバスの
中宮停留所、旭区役所区民センター前停留所、千林停留所をご利用下さい。
旭消防署前交差点を北上し、大宮神社手前を左折、
もしくは中宮4東交差点を南下し、旭通り商店街を右折して下さい。
お車の方は近くのコインパーキングが便利です。
クリニックの前に駐輪場がございます。
PAGETOP
Copyright © 2021 うえの眼科 All Rights Reserved.
インターネット予約はこちら アクセス 診療時間 インターネット予約はこちら TEL アクセス 診療時間 ページTOPへ戻る